宮崎県川南町が一望できるお茶処「峠の里」

TEL・FAX/ 0983-27-3719
営業時間/ 10:00 - 17:00

定休日/ 土日祝日

今から約95年前の1921年(大正10年)、  
先代の『井尻太郎』が15歳の時に    
京都種(在来種)を実生から育てたのが始まりです。

古来より、霧の発生する地域は美味しいお茶が出来ると言われていますが、
川南町赤石地区も、冬には真っ白い霧が山の斜面を包み込みます。
先代もこの霧を見て、種を蒔いたのかもしれません。

毎年少しづつ幼木を植え、
現在では茶畑面積が10町歩にまで広がり、今もなお拡大中です。
茶の木は5年で一人前に育ちます。

栽培品種:やぶきた、ゆたかみどり、あさつゆ、たかちほ、さえあかり

約50年前、自社の製茶工場を建設しました。
茶葉の栽培から、荒茶の加工、仕上げ、販売と、まごころを込め、一貫して管理できるようになりました。

2003年12月12日、
井尻太郎茶園のお茶を使ったスイーツやお抹茶をご賞味いただける場所として、
現在の店舗の前身の店舗が新規オープンしました。
2017年春からは、「多目的ホール&カラオケ 峠の里」としてリニューアルされ、営業開始しました。

2010年8月
初代店舗の奥に新しく店舗を建設、移転しました。
この環境を生かし、交流の場として育てていきたいという思いで
今日も営業しております。
店舗周辺の公園や囲炉裏つき東屋などでもご自由におくつろぎください。